【Tips】Windows 10の回復パーティションを削除する方法

S 20190916 131624

Windows 10を普通にインストールするとHDDやSSD上に「回復パーティション」と呼ばれる特殊なパーティションが作成されます。

システムにトラブルが発生した際、回復パーティションを利用して、元の状態に戻すことができますが、少しでもCドライブの空き容量を増やしたい場合や、仮想マシンでCドライブを拡張したい場合など、回復パーティションを削除することもできます。

以下回復パーティションを削除する手順を紹介します。

diskpartで削除

回復パーティションするには、まずディスクの管理ツールで状態を確認します。「コントロールパネル > 管理ツール > コンピューターの管理 > ディスクの管理」を選びます。

Usage1

▲後で必要になるため、ディスクの番号や、パーティションの位置を確認しておきます。なおこの画面で通常パーティションは削除することができますが、回復パーティションを削除することはできません(右クリックしても削除メニューは表示されません)。

回復パーティションを削除するためdiskpartコマンドを使用します。

Usage2

▲検索ボックスに「diskpart」と入力して実行します。以下の手順でコマンドを実行します。

  • ディスクを一覧表示。
    list disk
  • ディスクを選択。
    select disk 0
  • パーティションを確認。
    list partition
  • 回復パーティションを選択。
    select partition 3
  • 回復パーティションを削除。
    delete partition override

ディスクやパーティションの番号は数字で指定します。番号は「list」コマンドで確認できますので、間違えないように慎重に作業することをおすすめします。回復パーティションは通常のパーティションとは異なるため、最後の「delete partition」に「override」パラメータが必要となります。

まとめ

Windows 10の回復パーティションは、Windows 10の標準コマンドdiskpartを使用して削除することができます。回復パーティションを削除することで、Cドライブの容量を拡張することが可能となりますので、例えば仮想マシンでCドライブの容量を増やしたい場合に覚えておくと便利です。

スポンサーリンク