【Tips】Windows 10を以前のバージョンに戻せる期間を10日から30日に延長する方法

S 20180806 113716

Microsoftは現在、Windows 10の大型アップデート(機能アップデート)を年に2回というハイペースでリリースし続けています。

新バージョンはさまざまな機能が追加されているのが魅力ですが、不安定なことも多く、インストールしたもののやはり以前のバージョンのまましばらく使いたいと思う事もあるかもしれません。

幸いWindows 10では回復機能を使用して簡単に以前のバージョンに戻すことができるのですが、Windows 10 Anniversary Update以降はこの期間が30日から10日に短縮されてしまいました。

ここでは10日は短すぎるという方のために、Windows 10を以前のバージョンに回復できる期間を増やす方法を説明します。

DISMコマンドを仕様

Windows 10 April 2018 UpdateでWindows 10を以前のバージョンに戻す期間を変更する場合、DISMコマンドを仕様することができます。

S 20180806 115435

管理者権限でコマンドプロンプトを引きます。

例えば30日に期間を変更したい場合以下のコマンドを実行します。

DISM /Online /Set-OSUninstallWindow /Value:30

現在の回復可能期間を知りたい場合は以下のコマンドとなります。

DISM /Online /Get-OSUninstallWindow

なお期間の設定や表示以外もコマンドから実行できます。

以前のバージョンへ回復を始める場合は以下のコマンドです。

DISM /Online /Initiate-OSUninstall

保存された回復以前のWindowsのを削除する場合次のコマンドを実行します。

DISM /Online /Remove-OSUninstall

まとめ

Windows 10を以前のバージョンに戻せる期間は10日に固定されていて、画面から変更することはできませんが、「DISM」コマンドを使用すれば好みの日数に変更することができます。

10日よりも長い方が良いという方は、早めに設定しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク