【Tips】Widnows 10の以前のバージョンにアップグレードする方法

2019 10 19 190030

通常Windows 10をメジャーバージョンアップする場合、Windows Updateや更新アシスタント、メディア作成ツールなどを使用します。

これらの方法では、最新版のWindows 10にアップグレードすることになりますが、以前のバージョンのWindows 10のISOファイルやインストール用SBメディアが準備できれば最新版以外へのWindows 10へアップグレードすることも可能です。

例えば、Version 1903が最新版の場合にVersion 1803からVersion 1809へアップグレードするといったことが可能となるのです。

以下その方法を紹介します。

Windows 10の以前のバージョンのISOファイルをダウンロード

Microsoftの公式サイトではWindows 10の古いバージョンのISOファイルを直接ダウンロードすることはできません。Rufusと呼ばれるフリーソフトを利用してダウンロードします。

Rufusを起動して「ダウンロード」をクリックします。

2019 10 19 190332

目的のバージョンのISOファイルをダウンロードします。例えばVersion 1809の日本語64bit版の場合「Win10_1809Oct_Japanese_x64.iso」といったファイル名になります。

Rufusの使用法は以下の記事で詳しく説明しています。

Microsoftの最新のオペレーティングシステム「Windows 10」は、2015年にオリジナル版がリリースされた後も半年に一回のペースで機能アップデートを続けています。

ISOファイルからセットアップを実行

ISOファイルからUSBインストールメディアを作成しても良いのですが、直接ISOファイルをマウントしてアップグレードすることもできます。

ISOファイルに含まれるsetup.exeを実行します。

2019 10 19 190633

▲この画面が表示されたら、以降は画面の指示に従って実行していきます。
2019 10 19 191513

▲個人用ファイルやアプリが引き継がれることがわかります。「インストール」ボタンをクリックするとアップグレードが始まります。

まとめ

Windows 10の古いバージョンのISOファイルを利用すれば、最新版ではなくそれ以前のバージョンにアップグレードすることができます。

手元の環境でもVersion 1803からVersion 1903ではなく、Version 1809にアップグレードしてみましたが特に問題なく使用できています。

最新版だとなんらかの問題が発生することがわかっている場合、サポート期間中の一つ前のバージョンを選択するというのもありかもしれません。

スポンサーリンク