Windows 10のMicrosoft Edgeがバックグラウンドで動作し続けるのを防ぐ方法

S 20200131 165102

Microsoftは2020年1月15日、Chromiumをベースとした新しい「Microsoft Edge」の一般提供を開始しました。

新しいEdgeブラウザには、古いEdgeで提供されていた機能も多数移植されていて、その中にはブラウザーを閉じた後も拡張機能など関連アプリの動作を可能とする「バックグラウンドアプリの実行機能」が含まれています。

通常この機能はそれほどシステムの邪魔にならないはずですが、不要なプロセスをできるだけ動かないようにしておきたい方には気になる部分かもしれません。

以下バックグラウンドアプリの実行を無効にする方法を説明します。

設定で無効に

Microsoft Edgeでバックグラウンドアプリの実行を無効にするには、設定画面を使用します。

Settings

▲「設定 > システム」で「Microsoft Edgeが終了してもバックグラウンドアプリの実行を続行する」のボタンをオフに変更します。

なお同様の機能はWindows用のChromeにも存在し、そちらも「設定 > システム」で「Google Chromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行する」をオフに変更することで、無効にすることができます。

スポンサーリンク