「DragonFly BSD 3.0.1」リリース

BSD系OSとして独自の進化を続けるDragonFly BSDの最新版 3.0.1がリリースされています(リリースノートSOURCEFORGE.JP Magazine)。

DragonFly BSD最大の特徴はHAMMERと呼ばれるファイルシステムで、Wikipediaによると次の特徴を持つファイルシステムとのこと。

  • fsckを必要としないクラッシュからの即時回復
  • ファイルシステムの最大サイズは1エクサバイト
  • 無制限のスナップショット
  • マルチボリューム(256ボリュームまで)
  • バックアップ
  • ヒストリー
  • CRCによるデータとメタデータの保全性
  • 重複排除

なかなか優秀そうなので、fsマニアはインストールしたほうが良いかもしれません。ちなみに管理人は全く知りませんでした(汗。

スポンサーリンク