Andrew Tanenbaum(MINIXの生みの親)のインタビュー

linuxfr.orgにMINIXの生みの親astことAndrew Tanenbaum先生のインタビューが掲載され、MINIXの現状や今後の展望などが述べられています。

「MINIX3 は現在3人のフルタイムプログラマーにより開発されている」とか、「MINIX 3.2ではNetBSDとの互換性、組み込みシステム、信頼性に集中している」とか、「Linux黎明期にBSDがライセンス問題でごちゃごちゃしてなかったらLinuxはメジャーになれなかっただろう」(スーパー意訳)とかいろいろ興味深い事が書かれています。MINIXは教育用OSとして現在も価値があるものなので、今後も末永く続いていってほしいと思います。

ちなみにVMwareなどの仮想化ソフトを使ってMINIXは簡単にインストールできます。勉強用にインストールしてみるのもおもしろいかもしれません。

スポンサーリンク