「Ubuntu 15.04 Vivid Vervet」がリリース - モバル、クラウド、Web開発機能が強化される

S 2015 04 24 0 38 11

Canonicalは4月21日(現地時間)、人気のLinuxディストリビューション「Ubuntu」の最新安定版「Ubuntu 15.04 Vivid Vervet」をリリースしました(公式ブログPhoronixマイナビニュース)。現在公式サイトより、15.04各エディションのインストール用ISOファイルをダウンロードすることができます。

15.04の開発の焦点はモバイル/スマートフォン対応にあてられていて、デスクトップ側の新機能は比較的少な目となっていますが、なかでは、モバイルアプリや、Webアプリ、ゲームなど、14の新しいプラットフォームをサポートする新しい開発ツールUbuntu Makeの導入や、LibreOffice 4.4への更新、が新機能のハイライトとして挙げられています。

内部的には、Linux 3.19カーネル、Mesa 10.5、X.Org Server 1.17、GCC 4.9が採用され、また起動システムとしてsystemdが導入されたことでも注目されています。

スポンサーリンク