ControlAir - 空中ゼスチャーで華麗にiTunesを操作できる近未来的アプリ

NewImage

SF映画には空中ゼスチャーで華麗にコンピューターを操作するシーンが良く登場します。例えば作年公開された映画「エンダーのゲーム」でも3Dインターフェイスで味方艦隊を指揮するシーンが印象的でした。今回、今はまだ現実的ではないこのインターフェイスを実現するための新たなチャレンジャーとなるアプリが登場しました。その名も「ControlAir」。

ControlAir App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
空中ゼスチャーでMacのメディアプレイヤーを操作することができるアプリ。

MacのWebカメラを使ってカメラの前の手の動きを読み取り、iTunesをはじめとした各種メディアプレイヤーを操作することができるアプリです。

しかも、嬉しいことに無料でダウンロードできます。早速試してみました。

使用方法

Webカメラがないと動きません。MacBookなどで実行しましょう。

ControlAir

最初にカメラの位置を調節し、「Next」ボタンを押すとチュートリアルが始まります。人差し指を立てて口元に近づけると、音声がミュートになったり元に戻ったりすることを確認してください(シーッのポーズ)。

スクリーンショット 2015 02 06 20 03 40

次に、顔の前あたりで人差し指を立てると、上のようなコントロール画面が表示されます。指を左右に動かして、目的の操作を選び、指曲げると実行です。

2015 02 06 20 20 54

うまくいかない場合、手の向きなどを調節してみてください。

ControlAir 1

カメラが起動しっぱなしが気持ち悪いという場合、設定画面で「All」のチェックを外しましょう。iTunes、Spotify、VLC、QuickTime Player、VOX、RdioなどControlAirが操作できるアプリが起動している時だけ、カメラを連動して動かすことができます。

可能性を感じる

慣れていないせいか、うまく操作できない事も多いですが、今あるハードウェアを使って3Dジェスチャーを実現しているのは興味深いですね。

うまく動かない場合は、この動画を見ると参考になります。

スポンサーリンク