「iPod終焉」記事で大論争が勃発する

NewImage

SankeiBizの記事「存在意義失った「iPod」 クックCEOが終焉示唆、故ジョブズ氏も予言」が伝える「iPodの生産・販売の中止の示唆」が誤訳ではないかということで論争が勃発しています(「iPod終焉」の誤訳記事はなぜ生まれたのか)。

問題となったのは以下の部分。

 米アップルが2001年に世に送り出したデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」が、近く市場から姿を消すことになりそうだ。音楽も聴ける「iPhone(アイフォーン)」に取って代わられ、販売が激減しているためで、最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏(53)が投資家向け説明会で生産・販売の中止を示唆した。

これだと、Apple CEOのティム・クック氏が、iPodの生産と販売を中止する意思があるように読み取れますが、元記事のBBC Newsによると、ティム・クック氏は「iPod is a declining business」としか発言していません。

"I think all of us have known for some time that iPod is a declining business," said Apple boss Tim Cook earlier this week, speaking during a conference call discussing the company's latest earnings report.

「declining business(=縮小しつつあるビジネス)」といった意味なので、あまりポジティブな印象はありませんが、すぐに生産、販売中止といった意思はなさそうに思えます。

とはいえ、iPodの売上が年々さがっていることも確か(MacRumors)。

NewImage

最近モデルチェンジも積極的でない雰囲気があるので、たくさんあるiPodモデルの統合、再編成が起こってもおかしくはないような気がします。個人的にはクリックホイール搭載機は死守してもらいたいと思いますが、はたして今後どうなっていくのか、要注目です。

スポンサーリンク