「Git 2.1」リリース

Git

分散型のバージョン管理システムGitの最新版「Git 2.1」が8月15日にリリースされました(アナウンスPhoronixマイナビニュース)。Git 2.1のtarballはwww.kernel.orgから入手できます。

アナウンスによると、バージョン2.1の主な変更点は以下の通り。

  • LESS環境変数が"FRSX"から"FRX"に変更。($ git config core.pager "less -S")で従来の挙動に戻すことができる。
  • UTF-8文字列を表示する際に使われるロジックとデータをUniode 7.0にマッチするように更新。
  • HTTPベースの転送を実行する際に、HTTP経由でWebサーバーからクライアントから伝えられるエラーメッセージをより適切なものに変更。
  • contribにあるbash用の補完スクリプトのアップデート。
  • "core.preloadindex"変数がデフォルトで有効に。
  • その他細かいコマンドの改善多数。

コマンドごとの変更点はたくさんあります。詳細は先ほどのアナウンスやリリースノートを参照してください。

スポンサーリンク