Amazonで異常に評価が高いビクターの高コスパヘッドホン「HP-RX900」を購入してみた

IMG 2043

ビクター(JVC)の密閉型ヘッドフォン「HP-RX900」を購入しました。HP-RX900は5000円そこそこの値段にもかかわらず、音質がとても良いということで、大人気のヘッドホンです。アマゾンレビューで5点中4.4という脅威の高評価を獲得していることからもその人気のほどが伺えますよね。

実はこれまで同じビクターの「HP-RX500」を使っていてそれなりに満足していたのですが、音質が物足りないような気がして上位機種に乗り換えることにしました。

HP-RX500とHP-RX900の間にはHP-RX700という中位機種が存在しているのですが、そこで不満足だったら悔いが残りそうだし、側圧がHP-RX900の方が弱いという情報を得て、HP-RX900を選択しました(締め付け苦手なので)。

外観など

IMG 2045

コードが結構長い上に延長コードまでついています。

IMG 2046

ずっしり感。頭の押さえの部分の素材が柔らかでいい感じです。

IMG 2047

イヤーピースの素材も柔らかく、包み込まれる安心感があります。

IMG 2049

HP-RX500(左)との比較。一回り大きくなったイメージですね。

HP-RX500との比較

せっかくなので下位機種のHP-RX500と比較してみたいと思います。

まず肝心の音質に関しては断然HP-RX900の勝ちです。イヤーピースがしっかりしている分、遮音性も上がっているので、音楽を聞きながら作業に集中したいという用途にも向いていると思います。

逆に少し気になったのは重いところ。HP-RX500と比較するとズシリとした重みを感じます。普段軽量ヘッドフォンを使っていた人は実際に装着してみて確かめたほうが良いかもしれません。

側圧は使い始めだからかもしれませんが、HP-RX500よりは強いような気がします(…が耐えられないほどではありません)。この辺メガネの有無や頭の大きさで評価が変わってくるので難しいところです(当方メガネ有)。

あと忘れがちな点ですが、サイズが大きいので、ヘッドホンスタンドが必要になるかもしれません。HP-RX500は100円ショップのフックで机の横にひっかけていましたが、HP-RX900だと厚み的に厳しいので置き場所に苦労しました。

まとめ

音楽を真面目に聴く分には、HP-RX900はかなり良いヘッドフォンだと思います。ただしゲームとかテレビとかラジオとかカジュアルな使い方の場合HP-RX500もありだなと思いました。

HP-RXシリーズのヘッドホンはどれも結構な高評価アイテムなのでTPOに合わせて選びたいですね。

スポンサーリンク