【要注意】iOS 13でリマインダが消える不具が発生中

Remainder

Appleは今年リマインダアプリを大幅に改良しました。iOS 13やiPadOS 13では既に、UIが刷新され、リスト作成機能などが追加された新しいリマインダアプリが利用可能ですが、macOS Catalinaはいまだ公開されず、これが問題でリマインダデータの同期に問題が発生している模様です(Lifehacker)。

新バージョンのリマインダデータは古いデータと互換性がなく、新バージョンにデータをアップグレードした場合、相互にデータの同期ができなくなってしまうという問題です。実際Appleもサポートページで以下のように警告しています。

アップグレードしたリマインダーは、以前のバージョンの iOS や macOS とは互換性がなくなります。iOS 13 を搭載した iPhone でリマインダーをアップグレードした場合、同じ iCloud アカウントを使う iPad や Mac では、iPadOS および macOS 10.15 Catalina を使えるようになるまで、リマインダーにアクセスできなくなります。

リマインダーをアップグレードすると以下の状況が想定されます。

  • iCloud リマインダーは、ほかのデバイスでも、最新のソフトウェアを搭載していれば利用できます。
  • 以前のソフトウェアを搭載したデバイスで作成された iCloud リマインダーは、以前のソフトウェアを搭載したほかのデバイスでだけ見ることができます。そのデバイスを最新のソフトウェアにアップデートすると、リマインダー App を開いた段階で、以前のバージョンで新規作成したリマインダーはなくなります。
  • サブのデバイスで iOS 13 や macOS Catalina を実行していても、まだ新しいリマインダー App を開いていない場合に、そのデバイスで iCloud リマインダーを新規作成すると (たとえば、Siri を使ってリマインダーを作成するなど)、それらの新規リマインダーは、リマインダー App をはじめて開いた段階でなくなります。これを回避するには、アップデート後のデバイスでリマインダーを新規作成する前に、リマインダー App を一度開いておいてください。
  • Windows 用 iCloud App では iCloud リマインダーを確認できません。

macOS Catalinaがリリースされれば、同期の問題は大部分解決しそうですが、それまではiOS 13やiPad 13のリマインダアプリのデータをアップグレードせずに使用した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク