実物をタッチする事が出来る新UI。富士通の新技術が凄いらしい

富士通が実物の世界のものをタッチ可能にする新技術を開発したそうで話題になっています(パンドラの憂鬱Mashable)。まずは動画を見て頂ければわかりやすいと思います。カメラを使って物体(紙を認識し)、指でドラッグした領域をデジタルデータに変換してテーブル上に配置する、といったことがデモされています。

Paper

こっちはテーブルに置いた付箋紙を付箋データに変換するところ。
Fusen

カメラは特別なものでなくWebカメラ相当のもので実現しているそうなので、この技術を応用したおもしろい商品が登場するのもすぐかもしれません。Google Glassなんかと組み合わさると、さらにおもしろいことができるかも?

スポンサーリンク