Cat HTTP status codes - 猫写真とともにHTTPステータスコードを学習できる一石二鳥情報

S 2016 09 28 9 26 56

ApacheやNginx、IIS等のWebサーバーはクライアントからのリクエストに対し3桁のレスポンスコードを返すことが決まっています。正常な場合は200、ページが見つからない場合は404など、代表的なコードは覚えることができますが、あらゆるコードを覚えておくのはかなり大変な作業です。

そこで参考にしたいのが「Cat HTTP status codes」です。かわいらしい猫の写真をレスポンスコードを結びつけることで、自然とレスポンスコードを覚えることができるサイトです。

S 2016 09 28 9 32 54

▲リクエストが成功した「200 OK」の猫写真。猫招きポーズが成功を表しています。

S 2016 09 28 9 33 31

▲ページが見つからない場合は「404 Not Found」。何かを探している模様。

S 2016 09 28 9 33 45

▲「406 Not Acceptable」。受理できないので威嚇しています。

中にはかなり無理のあるこじつけもありますが、猫好きかつWeb好きの方は一見の価値があると思います。

スポンサーリンク