コボラーのためのWebフレームワーク「COBOL on Wheelchair」

COBOL on Wheelchair
COBOLのためのマイクロWebフレームワークCOBOL on Wheelchairが公開されています(GitHub)。

Wheelchair=車いすという名前からしてネタっぽいですが、ルーティング、PATH環境変数、基本的なテンプレート機能などが使えるようで、意外としっかりしています(?)


インストール方法は以下の通り。

sudo apt-get install open-cobol
git clone https://github.com/azac/cobol-on-wheelchair/
cd cobol-on-wheelchair
./downhill.sh

GNU Cobolを使ってコンパイルするcgi形式のフレームワークのようです。

「Is it safe?(安全?)」という質問に対し「Of course not! (もちろん違うよ!)」と答えていることからもわかるように、ネタ感満載のフレームワークですが、COBOLプログラムの生きた実例として興味深いのではないでしょうか(といっても作者は、一晩のハックで実務知識なしに作り上げたみたいですけど)。

ちなみにちらっと見たソースコードはなんかイメージと違う気がしました(最近のCOBOLはこうなのか?)。

スポンサーリンク