コインチェックから580億円分のアルトコイン「NEM」が流出

Pexels photo

仮想通貨取引所を運営するコインチェックは1月26日、外部からの不正アクセスで580億円分の仮想通貨が流出したことを発表しました(NHKCNET Japan)。

流出したのは「NEM(ネム)」と呼ばれるアルトコインで、流出時の評価額が580億円にものぼる5億2300万ネムが流出しています。

仮想コインが流出した原因となった外部からの不正アクセスは1月26日2時57分に発生し、8時間後の26日午前11時25分に異常を検知、その後仮想通貨の大半の売買や、日本円での出勤を停止する措置が取られています。

仮想通過の流出といえば、当時世界最大のビットコイン取引所だった「Mt.Gox」からの流出事件が記憶に新しいところです。Mt.Goxは470億円相当が流出しその後経営が破綻しましたが、コインチェックがどうなるのかはまだ不透明な状況のようです。

スポンサーリンク