【悲報】Evernote、ベーシックプランの利用端末数にWeb版もカウントされるようになっていた

S 20201026 200334

クラウドメモサービス「Evernote」のベーシックプランの利用規約が変更され、これまで対象外だったEvernote Web(Web版)も端末利用制限に含まれるようになっていた事がわかりました。

Evernoteユーザーに対して送信された「Evernote ベーシックへの変更について」と題したメールによると、この変更は2020年10月から有効だった模様。メールには以下のような文言が含まれています。

今後は、Evernote Web でも他のプラットフォームと同じように Evernote の機能をフルにご利用いただけます。これに伴い、10 月よりベーシックプランにおける利用端末数に Evernote Web もカウントされるようになります。

Evernoteは2016年の利用規約の変更により、ベーシックプランの利用端末制限が基本的に2台までと変更されました。その際はWeb版はカウント外で、アプリが使用できない場合でも、最悪、ブラウザからEvernoteの内容を閲覧、編集する事は可能でしたが、今回の規約の変更によりこの方法が使えなくなったことになります。

複数のPC/Mac、スマホ、タブレット等で同じノートを使い回すという目的において2台という制限はあまりに厳しく、有料のプレミアムプランに加入するか、Microsoftの「OneNote」などの別のサービス移行するなどの代替策を検討した方が良さそうです。

スポンサーリンク