Git Alias - Gitを素早くかつ簡単に使いこなすためのエイリアス集

Command

大人気の分散型バージョン管理ツール「Git」。もともとLinux Kernelのソースコードを管理するために開発されたツールであり、多機能である反面複雑なコマンド体系を持ち、使いこなすのが大変な面もあります。

本日紹介する「Git Alias」はこのGitを使いやすくするためのエイリアス集です。

gitalias.txtに含まれるエイリアス設定を.gitconfigにコピーすれば使用可能となるもので、以下の項目から構成されています。

  • "status"に対する"s"のような、よく使うコマンドのショートカット
  • "optimize"のように推奨設定のコマンドを詰め合わせたもの
  • "graphviz"のようにログを見たり、サードパーティ製ツールでグラフを表示するもの
  • "topic-start"のようにトピックブランチ作成フローを使いやすくするもの

例えば"add"コマンドの単純なショートカット"a"を使ったり、オプション付きのコマンド"commit --message"を短縮する"cm"などを使うことで以下のようにシンプルに効率よく作業を行うことができるのです。

git a .
git cm "add files"
git lg

細かいことですが積み重ねると結構な効率化となると思われます。

S 2016 06 21 21 14 54

gitalias.txtはこのほかにも多数のエイリアスが設定されています。

全部は使わないにしても、気に入ったエイリアスを一部使うだけでも作業効率が向上しそうです。また設定されているエイリアスを確認することでGit作業のベストプラクティスも理解できるかもしれません。

Gitの達人を目指している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク