GitHubの無料プランで無制限のプライベートリポジトリが使用可能に

Github

GitHubは1月7日、「New year, new GitHub: Announcing unlimited free private repos and unified Enterprise offering」と題したブログ記事を公開し、個人ユーザー向けの無料プランで、無制限のプライベートリポジトリが使用可能になったことを発表しました(ITmedia)。

これまで非公開のプライベートリポジトリを作成できるのは、月額7ドルの有料ユーザーに限定されていましたが、今後は無料ユーザーでもソースを公開する必要がない非公開リポジトリを制限なく作成することが可能になります。なお共有できるユーザーは3人までに限定されています。

S 20190108 95943

また個人向け有料プランは「GitHub Developer」から「GitHub Pro」に名称が変更され、チーム向けのプランが「GitHub Teams」と「GitHub Enterprise」に再編されています。

これまで無料のプライベートリポジトリを使用したい場合、BitBucketやGitLabといったGitHubの競合サービスを使用する必要がありました。今回の制限緩和によってこれまで以上にGitHubの影響力が強まることになりそうです。

スポンサーリンク