GitHubのリポジトリを作成できる「repo.new 」も登場

S 20191031 90632

Googleは現在、「.new」ドメインを利用した各種WebサービスのショートカットURLを提供しています。これまでは「doc.new」「sheet.new」「slides.new」など自社製のWebサービスに対するショートカットが提供されていたのですが、これが拡張され、SpotifyやMediumといった他社サービスにも対応したことがわかりました(GoogleブログCNET Japan)。

今回以下のショートカットURLが利用可能となっています:

  • Playlist.new: Spotifiyのプレイリストを作成
  • Story.new: Mediumに記事を追加
  • Canva.new: Canvaで新しいデザインを作成
  • Webex.new: Cisco Webexでミーティングを開始
  • Link.new: Bitlyによる短縮URLを作成
  • Invoice.new: Stripe Dashboardで請求書を作成
  • Api.new: RunKitでNode.js APIエンドポイントを作成
  • Coda.new: Codaのドキュメントを作成
  • Music.new: パーソナライズされた曲のアートワークを作成
  • Cal.new: Googleカレンダーイベントを作成
  • reservation.new: OpenTableを開くショートカット
  • sell.new: eBayを開くショートカット
  • repo.new: GitHubのリポジトリを作成

.newドメインは全てHTTPSで保護され安全とのこと。

2020年1月14日までは商標所有者からの「.new」ドメインの申請を受け付け、2019年12月2日からはポリシーに準拠していれば誰でも登録可能になるそうです。

スポンサーリンク