Google、HTML5/CSS3対応のWebオーサリングツール「Google Web Designer」ベータ版公開

Google Web Designer 1

Googleより、HTML5/CSS3に対応したWebオーサリングツール「Google Web Designer」が公開され業界が騒然としています(TechCrunch本家engadget日本版)。


ぱっと見、プレビューとコードを切り替えることができる今風のWYSIWYG対応のHTMLエディタっぽいですが、Googleらしく広告との連携も考えられていて、Flashアニメ的なものを作成する機能も搭載されています。

他特徴は以下の通り。

  • 2つのアニメーションモード。
  • フル3Dオーサリング環境。
  • デザインビューとコードビュー。
  • イラストレーションツール。
  • 簡単なAdワークフロー。

ダウンロードしてみた

今のところWindows / Mac用のバイナリがダウンロード可能。

Google Web Designer 3

サイトは英語なので期待していなかったのですが、メニューがしっかり日本語化されていました(Mac版。Windows版は未確認)。新しいファイルの作成画面で、Google広告を選ぶことができます。

Google Web Designer 2

起動後のメイン画面。現在はデザインビューで表示中。画面左下メニューでコード表示に切り替えることができます。

デザインに関しては門外漢なのでどの程度使えるツールなのか判別しづらいですが話題性は十分です。無料でダウンロードできるので試してみることをおすすめします。

以下紹介動画です。

スポンサーリンク