GoogleとLEGOが夢のコラボ 想像力無限大状態へ

Build with Chrome

GoogleとLEGOが提携して開発した、ブラウザ内部でLEGOブロックを組み立てることができるWebサービス「Build With Chrome」が公開されました(Google Official BlogThe VergeTechCrunch日本版)。

Google+でソーシャル機能

このサービスは2012年に開発された実験的なプロジェクトを一般向けに公開したもので、Google+の機能を使って作品を公開することが可能です。「作品を見る」で確認するとすでにたくさんの作品が公開されていることが分かりますね(位置情報と紐付いているらしい)。

Build with Chrome 1

シンプルなビルダー

単につくるだけならGoogle+のアカウントがなくても大丈夫です。
Build with Chrome 2

通常ブロックと、特殊ブロックを切り替えながらブロックを設置していくだけなのでだれでも楽しむことができます。最初に「Build Academy」というチュートリアルを実行すると分かりやすいかもしれません。LEGO社の公式ビルダーソフトLEGO DIGITAL DESIGNERよりはだいぶシンプルな印象なので何をやればわからないということはないと思います。

位置情報と紐付いている意味がわからなかったのですが、仮想空間上にLEGOの町並みを作ってしまおうという意図があるんでしょうか。なかなか興味深いプロジェクトです。

スポンサーリンク