無料でSSL証明書が取得できる「Let’s Encrypt」のパブリックベータが開始

S 2015 12 04 10 17 42

無料でSSL証明書の発行を目指すプロジェクト「Let’s Encrypt」が12月3日(現地時間)、パブリックベータに移行しました(公式ブログEFFslashdot)。現在クライアントソフトはベータ扱いですが、ドキュメントに従って、無料で証明書を取得することができます。

Let’s Encryptは、Webのセキュリティおよびプライバシー改善のため、無料でSSLの証明書を配布するために始められたプロジェクトです。米電子フロンティア財団(EFF)や、モジラ財団などが支援を行い、今年9月より始まったクローズドベータテスト期間中に、すでに26,000以上の証明書を発行した実績があります。

Let’s Encrypが発行するSSL証明書はドメイン認証のもので、企業認証のようにWebサイトの運営組織の実在を存在するものではありませんが、無料で利用可能となったのは画期的だと思います。例えばiOS 9ではApp Transport Securityにより、デフォルトでHTTPでの通信が禁止されているなか、https通信を必要とする多くのユーザーの救世主となりそうです。

スポンサーリンク