読書記録サービス「メディアマーカー」が2019年1月に終了

S 20181012 104025

ClickAssistが運営する読書記録サービス「メディアマーカー」が2019年1月20日をもって終了する事がわかりました(お知らせスラド)。

メディアマーカーは2007年にはじまった、CDやDVD、パソコン関連品などさまざまなメディア情報を一括管理することができるWebサービスです。

7万人を超えるユーザー、1,000万件以上のメディア情報が登録される人気サービスとのことですが、「携帯端末向けデザイン構築などのAmazonアソシエイト規約違反」によって2017年3月にAmazonアソシエイトアカウントが削除され、その後Amazonからのデータ提供が完全に停止されたためサービス運営が継続不可能となったと、終了の理由が説明されています。

なおスラドのコメントによると該当の規約は、以下の項目ではないかと指摘されています。

(e) 乙は、甲の事前の書面による同意なしに、携帯電話その他携帯端末またはいかなるセットトップボックスもしくはインターネットテレビでの使用を目的としたもしくは意図したサイトもしくはアプリケーション上でまたはこれらに関連して、商品関連コンテンツを使用することはできません。

具体的な原因はよくわかりませんが、これだけ実績のあるサービスがいきなり終了するのは残念です。公式サイトにはデータのエクスポート方法なども掲載されていますので、ユーザーの方は自分データをダウンロードしておいた方がよさそうです。

スポンサーリンク