【週末通信部】モールス信号でコニュニケーションできるサイト「Morse code radio」

Morsecode me

Morse code radio」はトンツートンでコミュニケーションすることができる歴史ある通信方法、いわゆる「モールス信号」でコミュニケーションできるサイトです(Hacker News)。サイトを開くといきなりモールス信号が鳴り始めるので音量に注意してください。

モールス信号の打ち方

モールス信号を打つ方法は簡単で、「.」、「スペース」、「Enter」、「i」、「e」、「マウス」ボタンなどをクリックするだけ。

それらのどれでもいいので、短く押すと「トン」(.)に、長く押すと「ツー」(-)を入力したことになります。

トン

画面右側のアルファベットとの変換表を使えば、アルファベットを入力することができます。例えば「スペースキーを短く押す」で「トン」=「.」=「e」が入力され、「スペースキー短く押す+スペースキー長く押す」で「トン・ツー」=「.-」=「a」が入力されます。

絶海の孤島に漂流してしまったときのために、「SOS」=「...---...」の送信方法を勉強しておくと助かるかもしれません。

ちなみに「Channel1」〜「Channel5」が存在し、初心者はChannel1が推奨されていますが、カオス状態なので気をつけましょう。まじめにモールス信号をオンラインで学習したい場合LCWOというサイトが推奨されていました。こちらもどうぞ。

スポンサーリンク