【崩壊】世界最大のビットコイン取引所「Mt.Gox」が終了…か?

MtGox com

昨年大ブームを起こしたBitcoinですが、今年の先行きは不透明かもしれません。一時、世界最大のビットコイン取引所として名を馳せた「Mt.Gox(マウントゴックス)」(渋谷に本社があるらしい)が全ての取引を当面停止することが明らかになりました(GIGAZINENHKITmediaニュースTechCrunch日本版)。

サイトトップには現在以下のような声明が表示されています。

Dear MtGox Customers,

In light of recent news reports and the potential repercussions on MtGox's operations and the market, a decision was taken to close all transactions for the time being in order to protect the site and our users. We will be closely monitoring the situation and will react accordingly.

Best regards,
MtGox Team

「MtGoxの顧客のみなさま。MtGoxの事業およびマーケットに関する、最近の報道や潜在的な影響を考慮して、サイトとユーザーを保護するために当分の間全ての取引を停止することを決定しました。私達は厳重に状況を監視し、適切に反応するつもりです。MtGox Teamより」

なんだかそれらしい文章ですが、かなり苦しい言い訳のような気がするのは私だけでしょうか。

報道によると400億円の資金が行方不明になったとか、経営者が夜逃げしたとかきな臭いニュースがとびかっています。MtGoxが今後どうなっていくのか要注目だと思います。

Bitcoinに与える影響は?

一つの取引所の停止がただちにBitcoin全体の崩壊につながることがないとはいえ、信用不安がBitcoinの価値の低下につながる可能性はあります。米Coinbaseと関連各社が共同声明を発表したことからも分かる通り、取引所は、顧客の不安を払拭しようと必死。

0 558 USD mBTC

Bitcoinチャートをみても、最近の取引価格はマックスの半分あたり(500〜600ドル)まで下落しています。信頼ある取引所が生まれるかどうかが、今後Bitcoinが生き残っていけるかどうかのキーポイントになりそうです(国家の介入とかその辺の不安要因もありますけど)。

スポンサーリンク