任天堂、「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を公開 - Nintendo Creators Programは終了

S 20181130 104156

任天堂は11月29日、「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を公開しました(CNET Japan)。

ガイドラインは、個人ユーザーが任天堂のゲームの動画や静止画等をネットワークサービスで利用する際の基準を明らかにするもので、「任天堂のゲーム著作物を利用した動画や静止画等を、営利を目的としない場合に限り、投稿することができます」と明示されているのが特徴です。

またFacebookやニコニコ動画、Twitch、YouTubeなど別途指定されたサービスを利用する場合、投稿を収益化することもできることも明らかにされています。

ガイドラインに含まれるコンテンツとしては「ゲーム実況動画やゲーム紹介動画」などがあり、ゲームのサウンドトラックやムービーシーン、イラスト集等をコピーしただけの投稿は認められないとのこと。その他さまざまな詳細情報がQ&A形式で公開されています。

またこれまでYouTubeで行っていたNintendo Creators Programが終了し、新規受付および申請中チャンネルの審査を停止するとの発表も行われています。

スポンサーリンク