RetroRampage - レトロなFPSをSwiftでスクラッチするチュートリアル

FunctioningDoor

現在でも1人称視点のシューティングゲーム、いわゆる「FPS」は大人気ですが、その初期の代表作は1992年に発売された「Wolfenstein 3D」といえるかもしれません。

本日紹介する「RetroRampage」は、WolfensteinスタイルのゲームをSwiftを使ってスクラッチから作成するチュートリアルドキュメントです。

チュートリアルを公開したNick Lockwood氏は、現在のFPSゲームとは異なっているものの、Wolfensteinのような2.5Dシステムを学ぶことで以下のようなメリットがあると説明しています。

  • Wolfensteinの3Dエンジンをゼロから構築することは,
    複雑な数学を必要とせず、GPUやシェーダーについて何も知る必要なく実現可能。
  • 2Dグリッド上に構築されたマップの作成と視覚化は簡単で、3Dモデリングとアニメーションツールの複雑さを回避できる。
  • タイルグリッドは、手続き型マップの生成、経路探索、視線の計算などの手法をプロトタイプ化するための優れた方法で、より複雑な世界に適用できる。

なお作成したゲームはiPhoneやiPadをターゲットとしていますがゲームエンジンはSwiftコードを実行できるさまざまなプラットフォームで動作できるはずとのことです。

パート12まで分かれたチュートリアル

PistolPosition

RetroRampageのチュートリアルはPart 1からPart 12までに分かれており、それぞれ以下のような内容となっています。

基礎から始まり、徐々に難しい部分が実装されているので、ゲームプログラミング初心者の方でも親しみやすいかもしれません。懐かしのFPSゲームがどのようなテクニックを使って作られていたのか興味のある方は参照してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク