今話題の言語「Swift」をブラウザで試す事ができるサービス「RunSwift」

RunSwift

AppleがiOS/Macアプリ開発用に準備中の話題の新言語「Swift」をブラウザ上で試せるサービス「RunSwift」が公開されています(Hacker News)。

Aboutによると、RunSwiftはAppleのSwift言語で試すことができるサービス。モジュールのインポートはできませんが、Foundationのサブセットは使用可能の様子。

この辺の仕組みはHacker Newsで作者がより詳しく説明していて、入力されたSwiftプログラミングから、import文を削除し、NSString、NSArray、NSDictionaryのような基礎的なクラスをインポートし、ブラックリストに登録されているAPIがチェックされた後、コードがコンパイルされるということ。

本格的なプログラミングは無理ですが、言語仕様をちょっと確認したいといった用途では使えるかもしれません。

スポンサーリンク