LaTeXをオンラインコンパイルできるJavaScriptライブラリ「texlive.js」

Skitched 20140108 150303

texlive.jsは、未だに論文などで使われることが多い組版処理システムLaTeXのソースコードをオンラインでコンパイルすることができるJavaScriptライブラリです(GitHub)。

ライセンスはGPL。今のところ日本語には対応していませんが、PDF出力までブラウザ単体で簡潔するのはなかなか便利ですね。

コンパイルしてみよう

Manuels github io texlive js open pdf

画面上部の「Compile this Latex code to a PDF」をクリックするとコンパイル開始。「Console Output」にメッセージが表示され、コンパイルが完了するとPDFが表示できます。

Data application pdf charset=binary base64 JVBERi0xLjQKJdDUxdgKNCAwIG9iaiA8PAovTGVuZ3RoIDExODggICAgIRTExMDZCNDQ0RD4gPEY1REI1RDNBQ0QxNjQ1NTQwNkYxQjZFMTEwNkI0NDREPl0gPj4Kc3RhcnR4cmVmCjg2MjUxCiUlRU9GCg==

サンプルのコンパイル結果はこのように。LaTeXならではの高い表現力が魅力。数式も自由自在です。

ちなみにJavaScript単体で完結することにこだわらないならば、「TeXをWebで」にある方法で同種のサービスが提供できそうです。こちらは日本語も対応可能なので参考までに。

スポンサーリンク