JavaScriptの3Dライブラリ「Three.js」

Three js

JavaScriptで3Dグラフィックスを簡単に扱えるようにするためのライブラリが「Three.js」です。

Three.jsはWebGLのAPIをラップし扱いやすいインターフェイスを提供するライブラリで、技術的な解説は「@IT」が参考になると思います。

見てるだけで楽しい

公式サイトの画像をリンクするとそれぞれThree.jsを使ったデモになっていて見ているだけで楽しいです。例えばやたらかっこいい元素の周期表

Three js css3d  periodic table

そのままでもかっこいいけど…
Three js css3d  periodic table 1

マウスでグリグリできます。

さらにF-Zero/ワイプアウト風の3Dゲーム HexGLなんてのもあります。

HexGL the HTML5 futuristic racing game

↓ムービー。

他にもいろいろあるので、眺めていくだけで楽しいです。

WebGLの可能性を感じる

ブラウザ上でこれだけのことができると、WebGLの将来的な可能性を感じざるをえません。ただし、ブラウザによってWebGLのブラウザサポート情況は異なり、Chrome、Firefx、Safariなどは使えるけど(デフォルトでON/OFFの違いはあり)、IEでは使えないという情況のようです。

マイクロソフトがIEでWebGLを実装しないのは、セキュリティ面での懸念を理由としてあげているようですが、他のブラウザがほとんどサポートしているなか、IEだけ独自路線を守ることはできるのでしょうか(最近のIEは守りにはいりすぎだ…)

なおThree.jsのソースコードはGithubで公開されています。

スポンサーリンク