Twitter、休眠アカウント削除計画は故人のアカウント保護機能が実装されるまで延期と説明

Pexels photo 545014

昨日、Twitterが休眠アカウントを削除する計画を進めていることが判明し話題となりました。

6ヶ月間ログインしていないユーザーにはメールで通知が送信され、12月11日以降にアカウントが削除されるとの話でしたが、その後の説明により、故人のアカウントを保護する機能が実装されるまで、計画が実行されないことが明らかとなっています(The Verge)。

Twitterサポートアカウントは以下のような情報をつぶやいています。

なお、削除計画は欧州のプライバシー保護を規定した「GDPR」に従うためのもので、現時点ではEUのユーザーを対象としたものだったようです。

Facebookには故人のアカウントを追悼アカウントとして保護する機能が実装されていますが、Twitterでも同様の機能が利用できるようになるのかもしれません。

スポンサーリンク