【Tips】USBディスプレイのメニューがガタガタにぼやける現象の解消法

2014 04 19 184608 png  モザイク

USB接続のディスプレイ「ThinkVision LT1421」を愛用しています。USBケーブル1本で手軽にディスプレイを増設できてとても便利なのですが、最近奇妙な現象に気が付きました。

それはUSBディスプレイ側で動画を全画面再生すると、解像度が急に低くなってしまい、メニューなどがモザイク状に表示されてしまう現象です(上の画像のように)。

再生されている動画の解像度も下がっているのですが、メニューの表示が汚すぎるのがちょっと…ということで解決方法を探してみたところ、以外な事実が判明しました。

バグではなくて仕様です

USBディスプレイは大抵「DisplayLink」というドライバーを使っています。そこで「display link blur」で検索してみると、公式フォーラムの情報が見つかりました。以下Extended monitor repeatedly blursより引用。

This is due to "Optimize for Video" being enabled in the DisplayLink GUI. If you disable "Optimize for Video", then this will not occur.

つまり、「Optimize for Video」という機能のせいで発生している現象の様子。これをオフにすれば良いようです。
2014 04 19 184424

実際にメニューを確認してみると「ビデオの最適化」という項目を発見。チェックを外すとたしかに、確かにぼやけなくなることを確認しました。

「ビデオの最適化」は転送速度が遅いUSBディスプレイで快適に動画を再生するために意図的に解像度を落とす機能らしく、あえてオフにしなくても良い(オフにしないほうがよい)設定かもしれません。しかし、ぼやけるのがどうしても嫌という方はこれで解消できます。

おまけ: まだまだいけるThinkVision LT1421

ちなみにThinkVision LT1421はトリプルディスプレイを実現するために使っています。私は2012年末に購入したのですが、未だにAmazonでも販売されているロングセラー商品になっているようです。ThinkVision LT1423p なんていう後継機種(?)もでてきてるようですが(タッチ対応らしい)、値段からすると、LT1421もまだまだ競争力がありそうです。

スポンサーリンク