Windows 10 Version 1909のような小規模アップデートは今後標準ではない

S 20191114 134917

Microsoftは現在、Windows 10の機能アップデート「Windows 10 November 2019 Update(Version 1909」をWindows Updateや更新アシスタント経由で公開しています。

Windows 10 Version 1909は小規模なアップデートで、Version 1903から更新する場合、わずか180KBの小さな有効化プログラムを適用するだけで完了しますが、今後この方法が新しい標準になることはないとMicrosoftが説明していることがわかりました(Windows Latest)。

Microsoftはオンラインディスカッションで以下のようなFAQを公開しています。

Windows 10 19H2 FAQ

「19H2のようなリリースサイクルが毎年実施されるか」という質問に対し「有効化パッケージによる19H2の配信は試験的なプログラム」で「将来の機能アップデートを同じ方式では提供する公式な計画はない」と回答しています。

来年以降の計画が明示されたわけではありませんが、Windows 10でこれまでのように年2回の大きな機能アップデートが提供される可能性があると予想されます。

なお19H2をインストールする前に、月例更新プログラムや、Adobe Flashセキュリティ更新プログラムなど、すべての推奨更新プログラムをインストールする必要があった問題に関しては修正が行われる予定とのことです。

スポンサーリンク