winstall - Windows Package ManagerのためのGUI

S 20200523 202151

Microsoftは先日、Windows 10用のパッケージ管理ツール「Windows Package Manager」のプレビュー版を発表しました。

Windows Package Managerは「winget」というコマンドラインツールを利用するCUIアプリとして提供されており、今のところGUIは準備されていません。

コマンドラインベースのツールを使うのがあまり好きでは無いという方のため、人気のTwitterクライアントTweeten開発している事で知られるMehedi Hassan氏が「winstall」を公開しています。

winstallはWebサービスで、ブラウザを利用してパッケージを検索したり、パッケージをダウンロードするスクリプトを作成することが可能です。

以下使用方法を説明します。

winstallの使用方法

ブラウザでwinstallにアクセスします。

検索したり一覧を利用してインストールしたいパッケージを選びます。

S 20200523 202220

▲例えば「Firefox」と「Notepad++」を選択し、右下の「Generate script」をクリックします。

すると以下のような画面が表示されます。

Usage

以下の内容が「Firefox」と「Notepad++」をインストールするコマンドである事が分かります。

winget install --id=Mozilla.Firefox && winget install --id=Notepad++.Notepad++

▲「Copy clipboard」をクリックするとこの内容がクリップボードにコピーされます。「Download .bat」をクリックするとこの内容を含むバッチファイルがダウンロードできます。Windows Package Managerが存在する環境で実行するとパッケージをインストールすることが可能です。

パッケージ毎に表示されている「View Site」をクリックすると、公式サイトが表示されます。「Download App」をクリックするとファイルを直接ダウンロードできます。

なお一番上の「Show PowerShell script」をオンにするとPowerShell用のコマンドに変わります。

まとめ

winstallを利用するとブラウザを利用してパッケージのインストール方法を確認する事が可能です。wingetコマンドを使っても同様の事はできますが、Windows 10環境が手元にない場合でも使用できる便利なサービスだと言えそうです。

スポンサーリンク