最初期のWebブラウザを体験できる「WorldWideWeb」が爆誕

S 20190224 93942

欧州原子力研究機構(CERN)によって開発された世界初のWebブラウザを再現する「WorldWideWeb Browser」が公開されています(CERNOS X Daily)。

CERNのNextマシン上で1990年12月に開発された「WorldWideWeb」は世界初のWebブラウザとして知られています。今回のプロジェクトは開発30周年を記念するもので、JavaScriptとReactを用いてWorldWideWebのシミュレーターが作成されました。

CERNの特設サイトでは、シミュレーターのほか、Webの歴史やWorldWideWebオリジナル版のソースコードの解説、シミュレーターによる再現方法などさまざまな情報が公開されています。

WorldWideWeb Browserの使用方法

シミュレーター環境では実際にURLを入力して任意のサイトを開くことができます。

WorldWideWeb Browserをブラウザで開きます。

S 20190224 94018

▲メニューの「Document > Open from full document reference」を選択し、任意のURLを入力してから「Open」をクリックします。

S 20190224 94218

▲日本語やhttpsサイトにも対応しています。

NCSA MosaicやNetscape Navigatorならばともかく、WorldWideWebを使用した経験のある方は少ないかもしれません。Webの成り立ちに興味のあるかたは参照してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク