Microsoft、Photoshopが動く!?ARM版Windows 10を発表

S 20161209 92253

Microsoftが、中国深セン市で開催中の「WinHEC Shenzhen 2016」にて、ARMベースのWindows 10を2017年に投入することを発表しました(PC Watchスラド)。

ARM版Windows 10はWindows RTとは異なり、x86版のWindowsアプリを実行できるのが特徴で、重量級アプリの代表例でもある「Photoshop」が動作する様子を撮影したデモ動画が公開されています。

動画では、Qualcomm Snapdragon Processorを搭載したマシンで、Windows 10(Enterprise Edition)が動作しており、Adobe PhotoshopやMicrosoft Office、その他各種Windows用の人気ゲームなど、x86 Win32アプリとUWPアプリが動作していることが確認できます。

ARM版のWindows 10はQualcommと協力して開発中のため、QualcommのSnapdragonプロセッサを搭載したWindows 10が発売されるとも予想されています。またARM版では、アプリだけではなく既存のWindows 10対応周辺機器までも利用できる模様です。

スポンサーリンク