Windows 8アップグレードダウンロード版の購入方法

Windows 8アップグレード版を優待料金で購入できる期限がせまってきました。1/31日を超えると料金が大幅値上りするので、購入予定の方はいそいで購入しましょう。

windows8

以下マイクロソフトのダウンロード販売を利用してWindows 8 Proアップグレード版を3300円で購入する方法について説明します。通常のソフトのダウンロード販売と違い、Webサイトから直接購入・ダウンロードできません。アップグレードアシスタント(Windows8-UpgradeAssistant.exe)というプログラムを通して購入・ダウンロードしないといけないので、ちょっとめんどくさいですが、手順がわかればそれほど戸惑うことはないと思います。

■アップグレードアシスタントのダウンロード
Microsoftのサイトよりアップグレードアシスタントをダウンロードします。購入前にアップグレード可能かどうかのチェックを行うので、実際にアップグレードする予定のPCで実行しましょう。

upgrade1

ボタンをクリックするとWindows8-UpgradeAssistant.exeがダウンロードできます。

■アップグレードアシスタントの実行~注文完了まで
ダウンロードしたWindows8-UpgradeAssistant.exeを実行します。最初にWindows 8の互換性チェックが行われます。

upgrade2
要確認が表示された場合、詳細を確認しておきましょう。

upgrade3

次へ。引き継ぐ項目を選択。Windows7からアップグレードする場合インストール済みのプログラムや設定を引き継ぐことが可能ですISO作成まで行いあとから実行することもできます)。

upgrade4

注文を選択します。

upgrade5

DVDを郵送してもらいたい場合はそちらにもチェックを入れましょう。
upgrade6

確認をクリック。請求先住所を入力します。
upgrade7

支払方法は、クレジットカードまたはPaypalが選択できます。

upgrade8

注文の確定をクリックすると、注文完了です。

upgrade10

プロダクトキーを保存しておきましょう。プロダクトキーはメールでも送られてきます。

■ISOのダウンロードまで
注文確定後の画面で、[次へ]をクリックするとWindows 8のダウンロードが始まります。Windows 7からアップグレードする場合ダウンロードが完了後、ISOをファイルに保存したりDVDに焼き付けることができます。

download1

ダウンロードが完了すると以下の画面が表示されます。DVDを作成する場合「メディアを作ってインストール」を選択します。

download2

「ISOファイル」を選択します。保存をクリックするととISOファイルを保存することができます。

download3

全ての準備が完了。

download4

「DVD書き込みドライブを開く」をクリックしてDVDを作成します。

download5

■まとめ
マイクロソフトのダウンロード販売を利用してWindows 8 ProのISOをダウンロードし、インストール用DVDメディアを作成するところまで説明しました。あとはこのメディアを使ってすきなタイミングでアップグレードインストールすることができます。普通に実行するとアップグレード元OSが32bit OSの場合は32bit版のISO、64bit版の場合は64bit版のISOしか作成することができません。いろいろな手間を考えると、少し高くなりますが、Amazonなどでパッケージ版を注文するのもありだと思います。

パッケージ版も1/31日を超えると購入できなくなるのかな(?)

スポンサーリンク