Webデバッグ用プロキシー「Charles」

「Charles」はWebデバッグ用に便利に使えるプロキシーソフト(シェアウェア。試用可能)です。

一般的にプロキシーソフトはWebサーバーとPCの間でリクエストを中継してくれるソフトで、Charlesは中継するHTTP、SSL、HTTPSプロトコルのリクエスト・レスポンスの内容を記録しわかりやすく表示してくれます。Web開発者に役に立つソフトです。

■使用方法
Java製のソフトなので起動前にJREをインストールしておいてください。使用方法はとても簡単で、起動するだけで、PCの接続設定を自動的に変更し、Web接続を記録し始めます。

Webブラウザで適当なサイトを見てみると左ペインのホスト一覧にどんどん追加されていきます。右側にはリクエストとレスポンスの詳細な内容が表示されます。

■まとめ
Webプロキシーソフトといえば設定がわかりづらいものが多い印象ですが、「Charles」は起動するだけで設定まで変更してくれるので大変お手軽です。Web開発以外にも、ソフトがどのサイトに接続しているか確認する用途などに使えそうです。50$ですが30分まで使えるのでいざというときに備えて覚えておくと便利だと思います。

Charles Web Debugging Proxy • HTTP Monitor / HTTP Proxy / HTTPS & SSL Proxy / Reverse Proxy
http://www.charlesproxy.com/

スポンサーリンク