「Chrome 37」のWindows 64ビット版をインストールしてみた

Windows

GoogleからChromeブラウザの最新版「Chrome 37」がリリースされました(Stable Channel UpdateChromium Blog窓の杜CNET Japan)。

Chrome 37最大の新機能は、Windows版で「DirectWrite」によるレンダリングがサポートされテキストの表示品質が向上したことです。さらにWindows版では64bit版のChromeが安定版として登場しオプトイン操作によりインストール可能になったのも見逃せません。

64bit版のChromeはパフォーマンスや安定性に優れているということなので、さっそくWindows 764bitのChromeを64bit版に変更してみました。

64bit版Chromeのインストール方法

今のところ日本語版サイトには64bit版Chromeのダウンロードリンクが表示されていないので、英語サイトからダウンロードします。

Windows 1

「Windows 64 bit」をクリックしてから、「Download Chrome」をクリックしてインストーラーをダウンロードし、後は通常の手順に従ってChromeをインストールすればOKです(32bit版Chromeがバージョン37に自動更新されてしまっていた場合、そちらを先にアンインストールしないとだめかもしれません。というかダメでした)。

2014 08 27 175001

バージョンの末尾に「64-bit」という文字列があれば64bit版Chromeです。まだ違いはよくわかりませんがしばらく使ってみようと思います。

スポンサーリンク