ビル・ゲイツ氏「Ctrl+Alt+Del」が誤りだったと認める

ビル・ゲイツ氏がハーバード大学で開催されたイベントで、Windowsのログイン時のショートカットとして「Ctrl+Alt+Del」を採用したことが誤りだったことを認めたそうです(slashdotBBCGIGAZINEITmedia News)。

本当は一つのキーでログインできるようにしたかったようですが、IBMのキーボード設計者に断られて現在のような3つのキーを同時押しする仕様に落ち着いたとのこと。Windows発表時に現在のMicrosoftのような影響力があれば専用キーが追加されていたかもしれませんが、当時はそこまでの力がなかったのかも。。

冗談まじりに話された言葉とはいえ、ビル・ゲイツ氏が語ったことで大きな反響を呼んでいます。個人的にはログイン時のCtrl+Alt+Delはほとんど使ってなかったのでまあどうでもいいかなと思いました(汗。

スポンサーリンク