32GBのストレージを搭載したWindows 10 PCを購入してはならない理由

S 20180528 200717

MicrosoftはWindows 10をあらゆるPCで利用できる汎用的なOSとして開発しています。このためWindows 10は、高価なハイエンドマシンだけではなく、ストレージやメモリが少ないローエンドマシンにもインストール可能となっていますが、管理の手間を考えた場合、ストレージ容量には注意をしたほうが良いかもしれません。

YouTubeに公開されている動画「Don't buy a Windows PC with 32gb of storage」を確認すると、ショップに展示された32GBのストレージを搭載した格安ノートPCの多くで「Low Disk Space」というメッセージが表示され、Windows Updateが不可能になっていることがわかるからです(Softpedia)。

これら格安マシンでももちろんWindows 10を普通に動かし、Webブラウザやメール、文書の作成など特定の用途で活用することはできますが、Windows Update時には、通常動作時よりもさらに余分な空き容量が必要となります。

実際Microsoftが公開しているサポートドキュメントでも32GBデバイスに関して以下のような注意書きが掲載されています。

ハード ドライブの容量が 32 GB のデバイスや、ハード ドライブが満杯になっている古いデバイスなど、空き領域が少ないデバイスでは、アップグレードを完了するためにストレージの追加が 必要になる場合があります。アップグレード中に表示される指示に従ってください。アップグレードを完了するために、ハード ドライブから不要なファイルを削除したり、USB フラッシュ ドライブを挿入したりすることが必要になる場合もあります。

空き容量が少ない場合でも、不要なファイルを削除したり、USBフラッシュドライブを利用して、更新が完了できる場合もあるそうですが、頻繁に実施される更新プログラムのインストールごとに毎回その作業を行うのは大変です。

Widnwos 10を継続して使用する場合は、やはり32GBより大きい容量のストレージを搭載したデバイスを選択したほうが最終的に必要な手間は少なくなりそうです。

スポンサーリンク