もう悩み無用?Microsoftが態度を軟化し「Get Windows 10」アプリで拒否権が発動できるようになった模様

NewImage

Microsoftが現在Windows 7/8.1ユーザーに対し、7月29日までの期間限定で提供しているWindows 10への無償アップグレード。アップグレードを拒否しにくいダイアログが表示される影響で、意図しないアップグレードが発生してしまうなど、アグレッシブ過ぎる姿勢がメディア等で問題視されています。

ところがここにきてWindows 10への無償アップグレードを提供する「Get Windows 10」アプリにアップグレードを拒否する選択肢が追加されることがThe Vergeにより明らかとなりました(gHacksNeowin)。

上記画像を確認すると新しい「Get Windows 10」ダイアログには「Upgrade now(今すぐアップグレード)」というボタンのほか、「Choose time(時間を選択)」、「decline free offer(無料オファーを拒否)」という選択肢が並んでいることがわかります。

「decline free offer」を選択することでアップグレードを拒否できるという今までに無いわかりやすい選択肢が提供されることになります(ただし新しいバージョンの「Get Windows 10」はまだ一般ユーザーに対して提供されていません)。

Microsoftの Terry Myerson氏は変更の理由をThe Vergeに対し以下のように語っています。

Since we introduced a new upgrade experience for Windows 10, we've received feedback that some of our valued customers found it confusing. We've been working hard to incorporate their feedback and this week, we'll roll out a new upgrade experience with clear options to upgrade now, schedule a time, or decline the free offer.

アップグレード提供機能が混乱を招くとの顧客からのフィードバックを受けて今回の変更を行ったとのこと。最初からこうなっていればこれほど問題視なかったような気がしますが…。

スポンサーリンク