「GitHub for Windows 2.0」リリース

NewImage

GitHubより、Windows用のGitHub専用クライアント「GitHub for Windows 2.0」がリリースされました(公式ブログWinBeta)。

GitHub for Windows 2.0は、GitHub for Windowsの初のメジャーアップバージョン。作業に集中しやすくなるように改良を施されています。

NewImage

ローカルリポジトリ一覧が常に左のサイドバーに表示されるようになり、新規ウィンドウを開かなくても、create / clone / publishなどの作業が行えるようになりました。

また、より多くのGitHub 機能セットをサポートするようになり、リポジトリ作成時に、無視するファイルのテンプレートを選べるようになる、絵文字やgifをcommtメッセージに含めることができるようになる、などの改良が行われています。

WindowsでGitHubを使っているならば試してみると便利かもしれません。

スポンサーリンク