Google製高速ブラウザ「Google Chrome」

遅まきながらFirefoxからChromeに乗り換えました。Firefoxもなかなか気に入っていたので心理的に抵抗感があったのですが、実際乗り換えてみるとやはり便利です。記念として今更ながらGoogle製の高速ブラウザ「Google Chrome」を紹介します。
chrome

■高速すぎる起動
Chromeといえば高速、高速といえばChromeという前評判通り速いです。起動だけではなくブラウジング速度も速いです。

起動の速度は他のブラウザと比べ群を抜いています。Firefoxはアドオンをたくさんつかうと遅くなるし、そうでなくても使い続けると遅くなるという悲しい現象がありましたがそれがありません。さらに起動前のアドオン更新チェックで止まることもありません。Firefoxと比べて軽量そうなIE8よりも速いです。

ブラウジング速度に関しては起動速度ほどはわからないかもしれませんが、複雑なページのレンダリングで差がでます。GmailなどJavaScriptを他用しているWebページが速くなるのもうれしいところです。

■ブックマークの同期
ブックマークの同期は複数マシンを使って作業する時の必須機能だと思います。これがデフォルトで搭載されています。

■アドレスバーと検索バーの統合
IEやFirefoxでは画面上部にアドレスバーと検索バーがありますが、Chromeでは一つに統合されています。URLを入れて直接表示することもできるし、キーワードを入れてWeb検索することもできます。大丈夫かなと思っていたのですが、普段はほぼ不満ありません(たまにURLっぽい文字を入れると間違えることがありますが…)。統合されたことで横幅の狭いPCで使うのが便利になっていると思います。

■メニューがない
画面上部のメニューがありません(ファイル、ツールとか)。最初はイライラしましたがメニュー的な機能は画面右側のアイコンをクリックして使うようになっていてなれれば大丈夫です(汗。
icon

これも1行分画面が広く使えるのでネットブックなどで便利な気がします。ついでにステータスバーもありません。

■アドオン
Firefoxほどではないですがなんとかなるぐらいには充実してきています。人によって全然違うと思いますが管理人が実際に使っているモノを紹介します。

■まとめ
今使っているブラウザでストレスを感じることが多い人は乗り換えるのお勧めです。乗り換えないまでも使ってみるのお勧めです。デスクトップで使うのもいいですが、素早く起動して画面を広く使えるので非力なネットブックや画面解像度低めのノートPCで使うとメリットが感じられると思います。アドオンに関しては正直Firefoxにまだ負けていると思いますがなんとかなるぐらいはそろっていると思います。

スポンサーリンク