Windows 10プレビュー版の新しいスタートメニューを無理矢理有効化する方法

S 20200704 115949

Microsoftは先日、Windows Insider Programに参加し、Devチャンネルを選択しているユーザーに対し、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Build 20161」をリリースしました。

Build 20161はスタートメニューの変更を始めとしたUIの大きな変更が含まれるアップデートとして注目を集めていますが、Microsoftは新機能を段階的に公開していおり、環境によっては新しいスタートメニューがすぐに確認できない場合があるようです。

新機能は最終的には全Devチャンネルユーザーに公開される予定ですが、新しいスタートメニューをいますぐ確認したい場合、サードパーティツールを利用して無理矢理有効にできる事がわかりました(MSPoweruser)。

手順は以下の通りです。

  • ViveToolをこちらからダウンロードして好みのフォルダに解凍する。
  • 管理者権限でコマンドプロンプトを開く。
  • ツールを解凍したフォルダに移動。例えば以下のように。
    cd c:Users\User\Downloads\ViveTool-v0.2.0
    
  • 以下のコマンドを実行。
    ViVeTool.exe addconfig 23615618 2
    
  • PCを再起動する。

これで新しいスタートメニューが有効にななります。

先ほど述べたとおり最終的には自動的に新しいスタートメニューが有効になるはずです。特に急いでいない場合、しばらく様子を見るのがおすすめです。

スポンサーリンク