IE6/7を対象にした自動アップグレード3月中旬に開始

マイクロソフトが、日本のWindowsを対象に、IE6/7の自動アップグレードを開始すると発表しました。開始時期は3月中旬なのでもうすぐです。

対象となる Windows/IE のバージョンと、適用される IE のバージョンは以下の通り。

一言でいうと、Windows XP SP3はIE8に、Windows Vista SP2以降は、IE9にということでしょうか。XPやVistaなどで最新のサービスパックがあたっていない環境は自動アップグレード対象外になっています。

なお、各環境でどうしてもIEのアップグレードを避けたい人のためにインストールをブロックするツールも提供されています(さすがMS手際がよい(汗))。詳細は上記リンクをたどって説明を読んで頂いたほうがよいと思いますが、基本的に「IE8/9 Blocker Toolkit」というツールをダウンロードして実行すればよいみたいです。

Web制作時に悲しくなるIE6向けなんたらハックっていうのがなくなるのは良いことだと思いました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • Internet Explorer(IE)の自動アップグレード

    TTSパソコンスクールの公式ホームページ上でも、古いIEを使用していると、このように表示されますが、ついに、古いIEから新しいIEへ自動的に最新版になるようです。マイクロソフト...