Windows Searchの問題を診断できる新ツール「Indexer Diagnostics」が爆誕

S 20200113 93011

Windows 10では「Windows Search」と呼ばれる機能を利用して、コンピューター上に存在するアプリや書類、画像などさまざまなファイルを探し出すことができます。

Windows SearchはWindows 10の重要な機能の一つとして、Cortanaとの連携や、Web検索の統合、トップアプリ機能の追加など、さまざまな改良が加えられていますが、多機能になってきた分、不具合の報告が増えてくるのは避けられない現象かもしれません。

今回Microsoftがこのような問題の原因を診断するための新ツール「Indexer Diagnostics」を公開したことが分かりました(gHacks)。同ツールは正確には「Windows Search Indexer」のトラブルシューティングツールで、現在はベータ版扱いです。Windows 10 Version 17763.0以降の環境では、Microsoft Storeから無料でダウンロード可能です。

ツールの画面は2ペイン構成で、左側にメニュー、右側にその内容が表示される仕組みです。初期画面でもある「Search status」メニューでは、検索インデックスの状態が確認可能です。その下の「Search is not working」メニューを選択すると、検索が動作しない際に、サービスの再起動やリセットを実行するためのボタンが表示されます。

S 20200113 93050

その他、特定のファイルがインデックスされているかどうかを調査することができる「Is my file indexed?」や、インデックス対象のパスを確認・管理できる「What is being indexed?」、インデックスのパフォーマンスを調査できる「Performance」、検索インデックスが開始するルートを確認できる「Search root」などのメニューが存在します。

現在Indexer Diagnosticsアプリの主な機能は各種情報の表示機能で、トラブルシューティング機能としては、検索サービスの再起動とリセット機能が存在するのみです。ベータ版がとれるまでにさらに機能が追加される可能性はありそうです。

スポンサーリンク