Installing Windows and the dev tools on your Mac - MacでWindowsソフトを開発したい人向けのMS公式ドキュメント

Parallels Desktop

Installing Windows and the dev tools on your Mac」は、MicrosoftがMacだけしか持っていない開発者に向けて作成した、Windows開発環境構築ドキュメントです。2013年ごろから存在しているドキュメントのようですが、内容はWindows 8.1とVisual Studio 2013を使って、Windows 8.1 / Windows Phone 8.1ストアアプリ開発環境を構築するという、今でも最新のものとして使えるドキュメントです。

具体的に紹介している方法は、Windows 8.1(x86 or x64)を、Boot Camp / Parallels Desktop / VirtualBoxVMware Fusionにインストールし、そのなかにVisual Studio 2013や、 Windows Phone 8.1 SDKをインストールするというもの。

NewImage

インストール方法自体は、特に目新しいものではないのですが、Microsoftが推奨する環境設定などが知れて興味深いです。例えば、CPUは最低2コア、メモリは2GB〜4GB、HDDは少なくとも40GB以上を推奨していて、Macである程度本格的なWindows開発環境を構築しようと思っている方には参考になる情報ではないでしょうか。

Mac / Windowsどちらの環境でも開発できるポリバレントなデベロッパーはチェックしておくと役に立つ情報だと思います。

スポンサーリンク