Windows 10 November 2019 Updateの一般提供が開始

S 20191113 81307

Microsoftは11月12日(現地時間)、Windows 10の機能アップデート「Windows 10 November 2019 Update(Version 1909)」を一般向けに公開しました(Windows BlogMSPoweruser)。

Windows 10 November 2019 UpdateはWindows Updateで手動で更新をチェックすることでインストール可能です。互換性の問題が発生していない場合、「設定 > 更新とセキュリティ > 更新プログラムのチェック」で、オプションの更新プログラムとして「バージョン 1909の機能更新プログラム」が表示されます。

なおWindows 10 November 2019 Updateは、フルビルドアップデートではなく累積アップデートの形式で提供されていて、アップグレードは比較的短時間で済むようになっています。

機能的には、大きな新機能の追加や変更は含まれておらず、パフォーマンスの改良や、不具合の修正がメインの小規模なアップデートとなっています。

主な新機能は以下の通りです。

  • タスクバーのカレンダーフライアウトから直接イベントをすばやく作成できる新機能
  • アクションセンターの上部に追加されたボタンや、最近表示された通知を並べ替える機能など、通知の管理が改善
  • ファイルエクスプローラーの検索ボックスでOneDriveコンテンツをまとめて検索できる
  • マウスをポイントすると、スタートメニューのナビゲーションペインが拡大するように
  • 音声を使用して、ロック画面でサードパーティのデジタルアシスタントを有効にできるように

さらに詳細な情報に関しては「What's new in Windows 10, version 1909」で確認可能です。

スポンサーリンク